インカジとオンカジは違います

インカジとオンカジ、どちらもカジノに関することだと分かる人はその違いについても熟知しているのではないでしょうか。
インカジはインターネットカジノの略称でオンカジはオンラインカジノの略称を意味するもの、オンラインもインターネットを使ったカジノサイトなので両者は同等のイメージを持つ人も多いといえましょう。
いずれもインターネットを介在するカジノですから同等の印象にもなりますが、カジノは合法と違法といった2つの種類があります。

オンカジは合法でインカジは違法なカジノ

カジノの合法とは法律に触れない遊びができるものを意味する、違法とは法律に触れてしまう遊びになるものを意味する、このような違いがあるわけですが、大雑把に言ってしまうとオンカジは合法でインカジは違法なカジノを意味するものです。
違法なサイトを使えば、刑法により処罰されるリスクおよび逮捕される可能性が高くなります。
違法となるものは、店舗でインターネット経由でカジノサービスを提供しているものですが、日本は刑法により賭博は禁止されている同時に賭博場となるお店を開くことも禁止されています。
裏カジノや闇カジノ、このような呼ばれ方をすることもありますが裏や闇などの名称が付いて入れば危険な藻だと感じるけれども、インカジだけではオンラインカジノと同じような印象になりかねないので危険性を感じない人も多いわけです。

裏カジノなどの娯楽施設の運営には暴力団関係者が関与している

裏カジノや闇カジノ、これらは日本の法律では違法に相当するものであり、これらの娯楽施設の運営には暴力団関係者が関与しているなど非常に危険な場所です。
カジノで得た利益は暴力団の資金元になるものであり、このようなカジノサイトを使えば資金に協力したことと同等の意味を持ちます。
このようなカジノは、主にテーブルゲームが主流になっていてルーレットやバカラなどサイコロやトランプを使った賭博で、コインの代わりになるチップと呼ばれるゲーム内でのお金を使い賭けて遊ぶスタイルです。
競馬や競輪などの公営競技は国が認めたギャンブルになるけれども、裏や闇の名が付くカジノは違法に相当するものですし、カジノを運営しているお店側だけでなく遊んでいる人も処罰の対象になるので利用しないよう注意が必要です。

インターネットを使いカジノゲームのような賭博を提供するインターネットカジノ

これらはいずれも、歓楽街に集まっているといわれていますが、インターネットを使いカジノゲームのような賭博を提供する、これがインターネットカジノです。
一見、オンラインのサイトと同じようなものなので見分けがつきにくいのですが、違法となるのは日本の中にお店があり無許可で営業を行っているサイトです。
オンラインでのサイトは海外の会社が運営を行っているものであり、対象国の許可を得て営業を行っているため安心して利用することができますし、ゲームソフトウェアも第三者機関からのライセンス取得および監査を得ているサイトを使えばその安心度はアップします。

まとめ

オンラインでのカジノが合法とされる国で運営している、運営している国の中で発行される正式なカジノライセンスを取得している、海外の企業が運営者、これらのポイントを見極めることが大切です。
また、ライセンスは政府が発行しているものであり詐称することはできません。
これはその国が安全性に対して保証しているもので、日本人がオンカジで遊んでいても違法にならない理由はこのような要因があるためです。
ライセンスを取得するためには、企業としての信頼性や安全性、そして資金力など様々な項目ごとに厳しい審査が行われるので簡単に取得できるものではありませんし、ライセンスを取得した後も適正な運営が行われているのか否かを見極める監査も行われるのが特徴です。
そのため、インターネットを使ったカジノで遊ぶときにはオンカジのみと考えておきましょう。